中央研究院

 新中国建国直前の1948年3月、中国科学院の前身の一つである中央研究院は、科学技術に功績のあった科学者を合計87名選び、「中央研究院院士」の称号を与え、同年9月、これらの院士を集めて第1回院士大会を開催した。

南京で開催された第一回中央研究院院士大会 出典:百度百科

 しかし、その後の国共内戦、中国共産党の勝利、国民党の台湾への移転などにより、中央研究院の研究者は大陸と台湾に分かれてしまった。大陸に残った中央研究院の研究者や施設などは、1949年に発足した中国科学院に接収されたため、中央研究院の院士制度は大陸では消滅した。

 一方台湾では、1954年に中央研究院が再建され、台湾で新たに選出された中央研究院院士を含めて1957年に第2回院士大会が開催され、その後2年に1度、選挙により中央研究院の院士が選出され、現在に続いている。

中国科学院の専門委員

 1949年に中国科学院が発足すると、同院は中国全土の自然科学の専門家や研究機関についての調査に着手した。自然科学の専門家調査は2回にわたり行われ、数学、物理学、化学、生物学、天文学、地学、心理学の専門家が合計865名リストアップされた。うち171名は国外在住だった。

 1950年8月、中国科学院はこのうち200名を「専門委員」として招請した。専門委員は院長が招請し、中国科学院の学術顧問の役割を担うこととした。当時の中国科学院は、その傘下に17研究所と設立準備中の3研究所があったことを踏まえ、専門委員はそれぞれの専門分野に対応する20分野のグループに配置された。

 中国科学院の幹部は、同院の運営方針、傘下の研究組織の調整や設置など多くの重要な意思決定に先立ち、専門委員の意見を聴取した。

自然科学用語の統一

 中国科学院の発足時に、専門委員が手をつけた最初の仕事は自然科学用語の統一であった。

 日中戦争前の比較的落ち着いた時代には中国においても科学技術の進展が見られたが、日中戦争やその後の国共内戦などにより、研究ポテンシャルは破壊され研究者も散逸していた。混乱した中国社会からの脱却を目指し、中国全土における学術用語を統一することは、科学研究、学術交流、高等教育、科学啓発活動などを進める上で極めて重要であると考えられた。

 中国科学院は関連機関と合同で専門委員会を立ち上げ、専門委員として招請した科学者に、自然科学用語の審査決定作業を依頼した。1951年初頭までに、「動植物命名原則(試行)」、「化学物質命名原則」、「天文学用語」の3つを決定した。

中国科学院・学部委員

 1955年、専門委員では中国科学院の指導に十分ではないとの判断のもと、中国科学院は学術分野ごとに「学部(Academic Divisions)」を設置し、そこに関連の研究者を集めて委員会を立ち上げて傘下の研究所の指導を行う方針を決定し、学部委員199名を指名した。

 同年6月北京で、中国科学院の学部設置式典が北京で挙行され、学部委員のほか、中国科学院傘下の各研究所、大学及び関係機関の責任者合計500名余りが式典に参加した。ソ連科学アカデミーとポーランド科学アカデミーの代表団や、チェコスロバキア、ハンガリーなどの科学者も招待を受けて出席した。

第一回中国科学院学部委員大会の様子 出典:百度百科

各学部の初代の主任

 各学部の設置当初、物理学数学化学部、生物学地学部、技術科学部、哲学社会科学部の4つの学部が置かれた。各学部の初代主任は次の通り。

  ○物理学数学化学部主任:呉有訓

  ○生物学地学部主任:竺可楨

  ○技術科学部主任:厳済慈

  ○哲学社会科学部主任:郭沫若

文化大革命

 1957年に第2回学部委員大会、1960年に第3回学部委員大会が開催された。1966年に文化大革命が開始されたが、中国科学院は文革期間中大きな影響を受け、傘下の各研究機関の活動がほぼ停止し、学部の活動も停止した。

学部活動の再開

 文革終了後、中国科学院の活動再開とともに、学部活動の復活が始まった。

 1981年5月北京で、復活した学部委員大会が第4回大会として開催され、鄧小平、趙紫陽ら共産党と国の指導者が開幕式に出席した。332名の学部委員は、全国24の省・直轄市・自治区と、44の高等教育機関及び114の研究機関から参加した。

学部委員から院士へ

 1984年1月、第5回学部委員大会が北京で開催された。前中国科学院院長の方毅は共産党中央と国務院を代表し、学部委員大会を国の科学技術分野における最高諮問機関とし、学部委員は国の科学技術分野における最高の栄誉称号とすべきであると述べた。

 1994年1月、中国科学院は学部委員全員に通知を出し、中国科学院の学部委員を「中国科学院院士」に改称すると伝えた。併せて、中国科学院学部委員大会を「中国科学院院士大会」に改称した。

外国籍院士の導入

 同年6月に開催された第7回中国科学院院士大会(学部委員大会も含めて回数をカウントしている)では、初の中国科学院外国籍院士が選出された。選ばれたのは、米国理論物理学者の李政道及び楊振寧(二人とも中国出身のノーベル物理学賞受賞者)、米国植物学者のピーター・ハミルトン・レーブン、米国コンピュータ科学者で心理学者のハーバート・サイモン(ノーベル経済学賞受賞者)、英国有機化学者のデレック・バートン(ノーベル化学賞受賞者)、英国科学史学者のジョゼフ・ニーダムらである。

中国工程院の独立