ライフサイエンスに関する研究開発の助成・調査研究・普及啓発・国際交流の援助を行っています。
ライフサイエンス 03-3265-2641

研究助成金
研究助成募集要領(平成28年度)

 

・平成28年度研究助成の募集は9/30にて終了しました。


研究助成募集要領(平成28年度)

(1)研究助成対象者
申請者は日本国内の機関に所属する日本人研究者に限ります。
若手の研究者による申請を期待します。

(2)研究助成対象課題
 A.特定課題(財団による指定領域の課題)
 下記の2領域の課題とします。
 [1]脳神経疾患の診断と治療
 [2]健康科学-健康な高齢期を迎えるための-

 B.一般課題
 ライフサイエンスに関する研究課題とします。
  
〔注1〕特定分野「健康科学-健康な高齢期を迎えるための-」の領域では、高齢社会の課題解決に繁がるような新しい視点での心と体にかかわる研究課題なども対象としています。また、従来の縦割りの領域にとらわれない総合的な医科学分野や伝統医学などで、この目的に沿った課題もあれば対象となります。
[注2]特定課題(A)、一般課題(B)共に、社会科学、心理精神学等ソフト面のテーマも含めます。 

(3)研究助成予算額 1,300~1,500万円
 特定課題(A)、一般課題(B)ともに1件につき100万円を基本とします。

(4)応募方法
 [1]所定の申請用紙に必要事項を記入の上、提出して下さい。

〔注1〕申請者が所属している機関の長(大学学部では学部長、大学院では科長、大学付置研究所・国公立の試験研究機関等ではその長、もしくはそれに相当する者)の承諾を受けて下さい。
〔注2〕申請書6頁の「所属機関長の承諾書」では機関長の氏名・役職名を明記のうえ、公印を押印のこと。

 [2]申請書は原本1部及びそのコピー4部を提出して下さい。
  また、申請書の内容をCD-ROM(Word)でも提出して下さい。
 
(5)選考方法
選考委員会において選考を行います。選考に当たっては、他の研究助成費との関係等を考慮して、公正に選抜します。
必要な場合には、候補者とのインタビューあるいは現地視察も行うこともあります。

(6)募集期日 
募集の期間は平成28年7月1日から9月30日必着とします。
助成対象者への決定内示を平成29年1月までに行い、送金については3月を予定しています。
なお、 助成対象者への目録贈呈式(授賞式)は平成29年3月に開催を予定しています。

(7)報告の義務
研究終了後、3ヶ月以内(平成30年6月)に「研究実施概況報告書」を提出して下さい。(できればMicrosoft Wordファイルもお送りください)ただし、細目又は資料等の添付については自由とします。また研究成果については当財団として公表し、場合によっては、当財団主催のシンポジウムなどで報告して頂くことがあります。

研究助成金交付申請書ダウンロード

こちらから「研究助成金交付申請書」のMicrosoft Wordファイルを ダウンロードできます。
(ファイルサイズ:303KB)