ライフサイエンスに関する研究開発の助成・調査研究・普及啓発・国際交流の援助を行っています。
ライフサイエンス 03-3265-2641

平成28年度助成金実績
A.特定課題    Ⅰ・脳神経疾患の診断と治療
氏名 所属機関 研究課題名
 坪井 昭夫  奈良県立医科大学
 医学部脳神経システム医科学
 教授
新生ニューロンを用いた脳血管障害の新規治療法の開発
 大木 理恵子  国立がん研究センター研究所
 希少がん研究分野
 主任研究員(グループリーダー)
脳下垂体腫瘍におけるがん抑制遺伝子PHLDA3の遺伝子の機能解析
〜脳下垂体腫瘍患者の個別化医療を目指して〜
 高杉 展正  岡山大学大学院
 医歯薬学総合研究科
 准教授
Amyloid-β結合性ペプチドTRAPを用いた多標的性のアルツハイマー病   根本治療法の開発
A.特定課題    Ⅱ・健康科学(健康な高齢期を迎えるための)
氏名 所属機関 研究課題名
 定方 哲史  群馬大学
 テニュアトラック普及推進室
 講師
振戦の発症メカニズムの解明
 中川 崇  富山大学大学院
 医学薬学研究部
 准教授
NAD代謝による老化制御機構の解明
B.一般課題  [ライフサイエンスに関する一般課題]
氏名 所属機関 研究課題名
 畠山 鎮次  北海道大学大学院
 医学研究科医学専攻生化学講座
 教授
ユビキチン関連タンパク質TRIM29による癌化制御の解明
 小柴 琢己  九州大学大学院
 理学研究院生物科学部門
 准教授
ミトコンドリアの動的特性と炎症代謝応答との相関解析
 村山  正宜  理化学研究所
 脳科学総合研究センター
 行動神経生理学研究チーム
 チームリーダー
知覚記憶の強化 ‐マウスからヒトへの応用‐
 近藤 誠  大阪大学大学院
 医学系研究科神経細胞生物学講座
 准教授
抗うつ薬抵抗性の難治性うつ病に対する新規治療戦略の確立と治療薬開発を目指した基盤研究
 金城  雄樹  国立感染症研究所
 真菌部第三室
 室長
インフルエンザ感染後に重症化する肺炎球菌性肺炎の病態解明
 渡 公佑  九州大学大学院
 薬学研究院創薬腫瘍科学講座
 准教授
NDRG1のVEGF誘導がん血管新生への関与メカニズムの解明と新規がん治療の創薬研究
 北西 卓磨  大阪市立大学大学院
 医学研究科神経生理学教室
 講師
機能未知の脳部位「前障」における大規模神経活動計測
 高村 史記  近畿大学
 医学部免疫学教室
 講師
肺における組織滞在型メモリーCD8T細胞分化機構の解明
国際交流援助

・「RNaseH 2016」の開催
・「第13回国際細胞共生学会議」の開催
・「第8回グローバルウイルスネットワーク会議」の開催
・「7th Kyoto T Cell Conference International Symposium」の開催
その他国際学会、シンポジウムへの参加、研究に必要な旅費等の援助を13件行いました。